【ChatGPT×英語】独学に最適!AIの活用方法とメリット・デメリット

ChatGPTを英語学習に活用するメリットデメリット 英語学習法

【Chat GPT×英語】独学に最適!AIを活用する具体的方法とメリット・デメリット

話題のAI、ChatGPTは英語学習にも使えます。

効果的に活用すると、いつでもどこでもフィードバックを受けたり、オリジナルの練習問題を作成することができます。この記事では、ChatGPTの始め方から英語学習への具体的な活用方法を紹介します。ChatGPTを上手に活用して、英語を独学で学習する人が最強の味方をゲットできるようになります。

本当に英語を話せるようになりたい人は【英語コーチング】選び方はこちら

ベスト5を紹介!

英語コーチング【完全ガイド】おすすめ比較11選!

ChatGPTとは

悩む人
悩む人

ChatGPTって何なの?

ChatGPTはOpen AIが開発した対話型のAI(人工知能)です。

今までは、何かわからないことがあれば「ググる(Google検索をする)」ことで検索結果を見て、答えが書いてありそうなページにアクセスするのが一般的でした。

Google検索との大きな違いは、チャット形式ということ。まるで会話をしているかのように回答がもらえます。そして、チャット内で疑問解決ができることです。

これまでの検索のように、検索→結果からページを選ぶ→再検索→別のページと繰り返す必要がありません。

例えばこんな感じです。

ChatGPTとは
ChatGPT公式ページより

すべてChatGPTとのやり取りで成立します。

検索の常識が変わる」ということで、ものすごい勢いでユーザーが増えています。

2022年の公開からたった2ヶ月で1億人超え。Instagram(インスタグラム)が2年半かかったことと比べると、ChatGPTの爆発力がわかると思います。

悩む人
悩む人

どうやって使い始めるの?

スバル
スバル

簡単な登録をするだけです!

ChatGPTの始め方

まずは「ChatGPT」で検索をしてOpen AIの公式ページにアクセスします。

ChatGPT始め方1
ChatGPT公式ページより

左下の「TRY CHATGPT」をクリック

ChatGPT始め方2
ChatGPT公式ページより

右の「Sign up(登録)」をクリック

ChatGPT始め方3
ChatGPT公式ページより

メールアドレスを入力します。次にパスワードの入力です。GoogleやMicrosoftのアカウントを使った登録もできます。

入力を進めると、下のようなメールが届きます。

ChatGPT始め方4
ChatGPT公式ページより

「Verify email address(メールアドレスを有効にする)」をクリック

次は電話番号を登録するとショートメッセージ「あなたのOpen AI API認証コード」が届きます。

その認証コードを入力すれば登録完了です。

ChatGPT始め方5
ChatGPT公式ページより

自由に質問をしてAIから回答をもらえます。

スバル
スバル

次は具体的な活用方法を紹介します!

ChatGPTと英語学習

ChatGPTと英語学習

ここからはChatGPTを英語学習に活用する具体的な方法を紹介します。

英文の要約

ChatGPTが得意なのは「要約」です。

例えば、ニュースサイトや問題集の英文に「以下の英文を100語で要約して」と一緒に入力すると、ちゃんとまとめてくれます。

要約でおおまかな内容を理解してから本文を読むと詳細が理解しやすくなります。

例えば、こんな長文も

ChatGPT活用1
ChatGPT公式ページより

下の写真のように日本語でまとめることも、英語で要約することも可能です。

ChatGPT活用2
ChatGPT公式ページより

単語の意味を一覧で出力

直接単語を打ち込んで辞書のように意味を教えてもらう使い方もできます。しかし、おすすめはレベルを指定して単語表を作成することです。

先ほどの長文に、「以下の英文から英検3級レベルの単語を抽出して意味と例文、例文の意味を表で出力して。」と指示した結果が下の写真です。

ChatGPT活用3
ChatGPT公式ページより

レベルを指定したテキスト

単語の意味と同じように、レベルを指定してテキストを作成できます。

英検レベルやCEFRなどのレベルを指定できます。

レベルに関しては以下の写真を参考にしてください。こんな表もChatGPTで作成できます。

ChatGPT活用4
ChatGPT公式ページより

指定した単語を含めたテキスト

写真のように、指定した単語を含んだテキストを作成できます。

英検3級に頻出の5単語を含んだ80語の英文を作成して」の結果が以下の写真です。

ChatGPT活用5
ChatGPT公式ページより

おすすめは上の写真のようにテキストに内容理解の問題を加えることです。

ターゲットなどの単語帳から覚えたい単語を選んでテキストを作成することもできます。

文法を指定した練習問題

「be動詞の過去形」「比較級」などの練習問題も作成できます。

ChatGPT活用6
ChatGPT公式ページより

下の写真のように「英検」「TOEIC」などレベルを指定した問題作成もできます。

スバル
スバル

ちなみに、問題と一緒に答えを出されるのを防ぐために、『「答え」と指示するまで答えは出さないで』と入力しています。

ChatGPT活用7
ChatGPT公式ページより

ライティングの添削

英語の独学をする人の多くが「英語日記」をつけています。しかし、「書いて終わり」ということはありませんか?私自身も英語で日記をつけていたことがありました。「現在完了形を使おう」「今日覚えた単語を入れよう」と意識して書くこともありましたが、書いて終わり。そうすると正しい英語で書いてあるのか分からないまま。

ChatGPTを使うと「以下の英文を添削して」と打ち込むだけで添削してくれます。

しかも写真のように「添削の理由を表で出力」させることもできます。

悩む人
悩む人

間違えた理由が分かって嬉しい!

ChatGPT活用8
ChatGPT公式ページより
スバル
スバル

実用的でおすすめです!

ロードマップ

英語学習のロードマップも作成できます。

写真のように具体的な参考書も提案してもらえます。

ChatGPT活用9
ChatGPT公式ページより
スバル
スバル

下の写真のように、おすすめの参考書も提案してもらえます!

ChatGPT活用10
ChatGPT公式ページより

ChatGPTを英語学習に活用するメリット

ChatGPTメリット

いつでもどこでも使える

ウェブサイトに接続できるインターネット環境さえあれば、ChatGPTは24時間365日いつでもどこでも使えます。

気になったとき、スキマ時間を見つけたらすぐに使えるのが大きなメリットです。

即時にフィードバック

チャット形式でその場でフィードバックがもらえるので、記憶が新しいうちに改善点をもらえます。

無料で使える

有料のプランもありますが、基本的な機能はすべて無料で使えます。現在はテスト段階なので今後は一部機能が有料化される可能性もあります。今のうちに存分に使い込んで慣れておきましょう。

ChatGPTを英語学習に活用するデメリット

スバル
スバル

デメリットも理解した上で活用するのが大切です!

最新の情報はない

まるでリアルタイムに人と会話しているかのように勘違いしてしまうChatGPTですが、AIが2021年9月までのデータを元に回答を返しています。

そのため、最新の情報を知ることはできません。たとえば「2023年の首相は?」と聞いても答えられません。AIはどんどん学習を続けているので、今後のアップデートで改善されることを期待しましょう。

インターネット接続が必要

ChatGPTはオフラインで使用できるアプリではありません。インターネットに接続してウェブサイトから使用します。インターネット環境が確保できない場所では使用できないので注意が必要です。

スバル
スバル

アクセスが集中しているので接続エラーが出ることもあります!

日本語が正確ではない

日本語に対応はしているものの、ちょっと不自然な日本語を返します。例えば、字幕で映画を見ると「完璧に自然な日本語ではないけど理解できる」状態ではありませんか?

ちなみに、ChatGPTは英語で質問すると回答スピードがとても速いです。英語の練習ついでに、時には英語で質問してみるのも楽しいです。

学習が偏る

ChatGPTを活用するとライティングとリーディングに特化した学習ができます。チャットが楽しくてついつい質問ばかりしてしまいます。

チャットでの回答という性質上どうしてもリスニングとスピーキングの練習が不足します。

割り切ってスピーキングは英会話スクールや英語学習アプリを使用することで練習機会を確保しましょう。

モチベーションの維持が難しい

ChatGPTに限らず、独学はモチベーションを維持することが難しいです。成果を見て学習方法を改善したり、仲間がいたりすると学習の悩みを相談して一緒に頑張ることができます。

どうしても独学に限界を感じたら英語コーチングの活用を検討してください。

最短、最速で自分の弱点に合った学習方法を提案してくれます。

悩む人
悩む人

英語コーチングって?

スバル
スバル

こちらの記事で紹介しています!

【まとめ】【ChatGPT×英語】独学に最適!AIを活用する具体的方法とメリット・デメリット

ChatGPTを上手に活用すると独学の良きパートナーとなります。いつでも使えるメリットや学習に偏りが出るデメリットを理解した上で、不足分は英会話スクールや英語学習アプリ、英語コーチングを活用することで英語力アップができます。

この記事を読んでいる人は、最新の情報に敏感な人だと思います。これからも定期的に自己評価をして、学習方法や内容をアップデートしていきましょう。

AIじゃなく人に頼るなら【英語コーチング】

選び方はこちら!ベスト5を紹介!

英語コーチング【完全ガイド】おすすめ比較11選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました